現在位置 » ホーム » 治療事例 » case.07 デコボコした歯並びを治したい。

治療事例

case07:デコボコした歯並びを治したい。

治療前・治療後
年齢・性別 20代前半・男性
気になるところ ・歯並びを良くしたい。
・歯を白くしたい。
治療方針 矯正治療+審美治療
包括治療チャート

診断

上顎の歯が重なり合った歯並びは相当悪い状態で、歯の移動スペースを確保するためには抜歯が必要だと判断。咬み合わせの改善も兼ねた矯正治療を行っていくこととしました。

治療経過

抜歯
1. 抜歯

上顎の歯の移動スペースを確保するため、臼歯を上顎左右一本ずつ抜歯しました。

矯正治療
2.矯正治療

目立たないクリスタル矯正装置を使って歯並びの矯正を開始しました。

ホワイトニング&審美治療
3. ホワイトニング&審美治療

咬み合わせを良くするため下顎の臼歯に詰め物をした後、歯全体にホワイトニングを実施。小さく形状不良だった歯には、ご本人の希望もあり、ラミネートベニアを装着し補正を行いました。

治療後

治療期間は2年2ヵ月。デコボコが解消され、美しい歯並びになりました。予後は順調で、矯正の後戻りなどもありません。

ビフォア・アフター

※マウスオーバーすると治療前の写真に切り替わります。

治療費用トータル