現在位置 » ホーム » 治療事例 » case.05 他医院で治した歯並びがまた悪くなってきた。

治療事例

case05:矯正の後戻りを治したい。歯を白くしたい。

治療前・治療後
年齢・性別 20代前半・女性
気になるところ ・矯正の後戻りを治したい。
・歯を白くしたい。
治療方針 矯正治療+審美治療
包括治療チャート

診断

他医院で矯正治療を行った歯並びに後戻りが出たため来院されました。原因としてはいくつか考えられますが、上顎前歯の左右の歯が小さいことも関係しているため、あわせて審美治療を行って形状補正することとしました。

治療経過

矯正治療
1.矯正治療

見た目の良さを優先的に考え、上顎には矯正装置をつけていることがほとんどわからないアクアシステム(透明マウスピース矯正)を、下顎には目立たないクリスタル矯正装置を使って歯並びの矯正を開始しました。

ホワイトニング
2. ホワイトニング

歯全体にホワイトニングを施しました。

審美治療
3. 審美治療

上顎前歯の左右の歯の小ささを補うため、ラミネートベニアを装着しました。

治療後

治療期間は1年。歯並びは上顎・下顎ともに美しく整いました。予後は順調で、矯正の後戻りなどもありません。ラミネートベニアを使った歯の形状補正および色調回復は技術的にとてもむずかしいのですが、包括的治療を行う当院だから矯正による補正スペース確保までを総合的に考えられ、美しい仕上がりを実現できました。

ビフォア・アフター

※マウスオーバーすると治療前の写真に切り替わります。

治療費用トータル