現在位置 » ホーム » 治療事例 » case.04 差し歯にヒビが入った。歯並びも気になる。

治療事例

case04:差し歯にヒビが入った。歯並びを良くしたい。

治療前・治療後
年齢・性別 30代前半・女性
気になるところ ・差し歯にヒビが入った。
・歯並びを良くしたい。
治療方針 矯正治療+審美治療
包括治療チャート

診断

差し歯にしていた上顎前歯のセラミックスクラウン破損のため来院されましたが、歯並びも不良だったため、ご本人の希望もありあわせて治療することとしました。

治療経過

1. 抜歯

歯の移動スペースをまず確保するため、上顎の第1小臼歯を左右ともに抜歯しました。

矯正治療
2. 矯正治療

目立たないクリスタル矯正装置を使って歯並びの矯正を開始しました。

審美治療
3. 審美治療

ラミネートベニアを装着していた前歯の左右の歯もよく破損するということだったので、前歯とあわせて連結クラウンに。十分な強度を確保するためにオールセラミックス(ジルコニア)を使用しました。

治療後

治療期間は2年1ヵ月。差し歯の回復に加え歯並びも美しく整い、中心がズレていた上顎と下顎もきれいにそろいました。予後は順調で、矯正の後戻りなどもありません。もともと審美治療を希望され来院された患者様ですが、包括的治療を行う当院だから同時に歯並びの診断もでき、2つの医院に通う手間なく効率的に矯正治療も行えたケースです。

ビフォア・アフター

※マウスオーバーすると治療前の写真に切り替わります。

治療費用トータル